鹿児島県薩摩半島の農業機械販売店
ねじ一本より、お取り寄せ、量販店で購入した機械も修理いたします。
中古さがしのお手伝いもします。 お気軽にお問い合わせください。

ariki@mocha.ocn.ne.jp   TEL 0993(62)3100


ホーム > レーザーレベラ実演

実演コーナー
ヤンマー
GC980コンバイン
ヤンマー
無人ヘリコプター
水田稲作大豆生産

排水対策・溝堀り

大豆の播種

除草薬剤散布

中耕・培土

防除

刈取り
レーザーレベラー
グランド
エアレーション
スポーツトラクタ
スガノ・レーザーレベラーヤンマー・クローラートラクターの実演
平成15年1月17日 大浦町干拓
    鹿児島ヤンマーの協力で、ヤンマー丸ハンドルトラクターCT1050
スガノ農機・レーザーレベラーを装着し、
田んぼの均平作業の実演を行いました。
   スガノ・レーザー・レベラーLL4000
         ハロー幅:4m


    レーザーレベラーの効果

(1)今まで何度もハローで整地をしていた作業がレーザーレベラー作業1度ですみ、田植前の労力と時間の短縮が計れる

(2)田んぼを借りて転作作物を収穫した後、田んぼの整地にレーザーレベラーを使ううことで、最適な播種床にして返却でき、田畑の貸し借りがスムーズに行える。


    レーザーレベラーの作業前には、
  プラウなどで反転耕を行う必要がある。

(1)稲ワラや残留物を土の中に埋めて均平作業をスムーズにする。
(2)肥料が盛土として移動されないようにすることで、最適な均整のとれた播種床ができる。
(3)土の練り返しが少なくてすみ、乾燥したよい土になる。


   ヤンマークローラートラクター
      CT1050
 (105馬力)
   丸ハンドルで乗用車感覚で作業
    湿田に強い。 圃場にやさしい。
    クローラーはタイヤに比べ
    けん引力が1.5倍強い

レーザー発光機とトラクターに付いているレーザー受信器の高さの違いから圃場の高さを感知し、自動的に作業機の動作を制御する。

表土を砕土して圃場を乾燥することにより、土の練り返しが少なく排水のよい圃場になる。

圃場が高い所から低い場所へ盛土を運ぶ

作業機はレーザー機器がすべて自動制御する

<レーザー発光器> 作業範囲は300m以内。 レーザー受光器とほぼ同じ高さに設置する。

<ディスプレィ> トラクターのハンドル横に取付け、作業機の上下動作確認を行う。 矢印が下の時は圃場が高く、上の時は低い。 上下表示がされなくなるとほぼ作業完了とみてよい。

<測定受光器> ポールを伸ばして垂直に持つ。 レーザー発光器との高さの違いから、穂場の高さを測定する。 作業開始前に圃場の状態を調べるために使う。
Yahoo! Google 特定商取引法に基ずく表記 このページのトップへ
        有限会社  有 木 機 工 (ありききこう)
        〒897−1201  鹿児島県南さつま市大浦町7470番地
        メール ariki@mocha.ocn.ne.jp    ※農業機械に関する疑問・質問ご連絡ください(相談無料)
        TEL 0993(62)3100    FAX 0993(62)2035

                                  Copyright (C) 2000 Arikikiko All Rights Reserved.